エトピリカ/海鳥/環境保護

エトピリカのいる海トップページ エトピリカってどんな鳥? エトピリカのいる場所 エトピリカを守るために 海鳥の仲間たち 折り紙で折るエトピリカ
コミック・えとぴりエース エトピリカギャラリー チーム・エコピリカ チーム・エコピリカ 海鳥身ミニゲームコーナー えとぴりかBBS
リンク集
チーム・エコピリカ
エトピリカイラスト3体  この「チーム・エコピリカ」のコーナーでは、エトピリカに関するいろいろな情報やニュースを提供するとともに、エトピリカにもやさしいライフ・スタイルを提案します。この地球に生きる全ての生命にとって、よりよい環境を創造していきましょう。※関係施設や団体および皆さまからのエトピリカ情報もお寄せいただければ、このコーナーで紹介させていただきます。 エトピリカイラスト3体
●No.1 わたしたちのシーバードフレンドリーカード宣言 No.2 北の海鳥・エトピリカとそのともだちアート展作品募集 No.3 北の海鳥・エトピリカとそのともだちアート展審査結果発表 No.4 浜中シンポジウム〜海の生物多様性を考える〜のお知らせ 

エトピリカにもやさしいライフスタイルを提案してください!◆
シーバードフレンドリー宣言カード
姿を消す海鳥、エトピリカ
 アイヌ語で「嘴(etu)が美しい(pirika)」の意味を持つエトピリカ。かつて国内では、北海道東部のいたるところの島々で子育てをしていましたが、現在は浜中町浜中小島など、わずか3つの島で10つがい程度が繁殖するにすぎません。

海鳥たちの危機
 姿を消しつつあるのはエトピリカだけではありません。IUCNのレッドリストによれば、世界の海鳥330種のうち4割が絶滅の危機に瀕しています。広い海で暮らし、私たちの生活とは関係ないように見える海鳥が、なぜ数を減らしているのでしょうか。

海鳥にやさしいライフスタイル?
 海鳥たちの減っている原因はさまざまですが、私たちのライフスタイルと実は密接に関係があるのです。地球温暖化で餌となる魚やプランクトンが少なくなると、エトピリカやウミガラスなどのような日本を南限の繁殖地とする海鳥は、とくに大きな影響を受けます。魚をとるための網や針に間違ってかかり、命を落とす海鳥もいます。プラスチックゴミを飲み込んだり、油汚染にあうこともあります。海鳥たちのためにできること、たとえば北海道東部で暮らすエトピリカや南極で暮らすペンギンのために、離れていてもわたしたちにできることがないでしょうか。シーバード・フレンドリーな生き方をめざして、ぜひあなたのアイディアをご提案下さい!

あなたの宣言を募集します!
 海鳥にもやさしいライフスタイルについて、「わたしたちのシーバードフレンドリー宣言カード」のパンフレットをご入手いただき、あなたの意志を□のところにレをつけて宣言してください。また、海鳥たちのためにどんなことができるか、あなたのアイディアを文字やイラストで表現してください。パンフレットは下記のチーム・エコピリカ協力施設・団体に設置されています。また、PDFファイルをダウンロードしていただき、それをご利用いただくことも可能です。(※ダウンロードしたパンフレットを印刷してご応募いただく場合は、パンフレットの宣言カード記入部分の反対面が宛名になり、切手を貼って投函できますので、厚めの用紙でプリントアウトすることをおすすめします)

パンフレットのダウンロードは下記リンクからどうぞ。
わたしたちのシーバードフレンドリー宣言パンフレット表面(PDF)
わたしたちのシーバードフレンドリー宣言パンフレット裏面(PDF)

アドビアクロバットリーダー ※パンフレットファイルはPDFファイルになります。PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader[無償]が必要です。Adobe Readerをダウンロードするには、左の「Get Acrobat Reader」ボタンをクリックしてください。

宣言カードの応募について
 
各施設・団体に設置のパンフレット、およびパンフレットのファイルをダウンロードして両面印刷してご応募いただくほか、市販の官製はがきや封書でのご応募でももちろん結構です。その際、応募先住所は下記「霧多布湿原センター・シーバードフレンドリー宣言係」宛とご記入の上、必要記載事項(お名前、ご住所、電話番号)を忘れずにご投函ください。また、メールでのご応募も大歓迎ですので、是非どしどしご応募ください。ご不明な点は下記に記載の霧多布湿原センター・シーバードフレンドリー係宛にお気軽にお問合せください。

■宣言カードの送付・問合せ先
霧多布湿原センター「シーバードフレンドリー宣言」係
〒088-1304 北海道厚岸郡浜中町四番沢20 番地
Tel : 0153-65-2779 Fax : 0153-65-2774
E-Mailはしてください。

※いただいたメッセージはホームページや印刷物で市町村名とともにご紹介させていただくことがありますので、あらかじめご了承下さい。個人情報についてはエコバッグの発送にのみ使用いたします。

ご応募いただいた方の中から抽選で150名の方に、エトピリカをアレンジした「ECO-pirika(エコピリカ)」エコバッグをプレゼントします。
【応募締め切り】2009年9月末※当日消印有効

■協力*Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)
●東京都葛西臨海水族園●旭山動物園●釧路市動物園●環境省エトピリカ保護増殖分科会委員●浜中町教育委員会●エトピリカ保護基金●アクアマリンふくしま●NPO法人霧多布湿原トラスト●日本海鳥グループ●アクアワールド茨城県大洗水族館●HPサイト「エトピリカのいる海」
パンフレットサンプル表面パンフレットサンプル裏面エコピリカエコバッグ

トップページ エトピリカってどんな鳥? エトピリカのいる場所 エトピリカを守るために 海鳥の仲間たち 折り紙で折るエトピリカ コミック・えとぴりエース エトピリカギャラリー
チーム・エコピリカ エトピリカ基金 海鳥ミニゲームコーナー えとぴりかBBS リンク集
ETOPIRIKA〜エトピリカのいる海〜Copyright©SADAO MARUYAMA All Rights Reserved.