エトピリカ/海鳥/環境保護

エトピリカのいる海トップページ エトピリカってどんな鳥? エトピリカのいる場所 エトピリカを守るために 海鳥の仲間たち 折り紙で折るエトピリカ
コミック・えとぴりエース エトピリカギャラリー チーム・エコピリカ チーム・エコピリカ 海鳥身ミニゲームコーナー えとぴりかBBS
リンク集
リンク集
海鳥・野鳥について紹介しているサイトからエトピリカを紹介しているサイトなどのリンク集です。
どのサイトもためになる情報から楽しめる内容などがいっぱいです。是非、ご覧になってみてください。
エトピリカマーク
海鳥・野鳥関連サイト・自然保護機関&団体サイト水族館・動物園サイト霧多布湿原関連サイトエトピリカ紹介・掲載サイトエトピリカ掲載サイト(絵画・写真・立体作品など)エトピリカグッズショップなどその他
◆海鳥・野鳥関連サイト・自然保護機関&団体サイト
北海道海鳥センター 海鳥についての豊富な情報はもちろん、専門的知識がなくてもしっかり勉強できる楽しい情報がいっぱいです。オロロン鳥保護のためのオロロンプロジェクトを推進しています。また毎年、楽しい海鳥デザインコンテストも実施しています。

SAVE ORORON 環境省が発行する「日本の絶滅のおそれのある野生動物(レッドデータブック)」に、もっとも危険とされる「絶滅危惧1A類」として記載されているオロロン鳥(ウミガラス)の保護・誘引を支援するサイトです。折り紙で折るオロロン鳥やオロロン鳥をテーマにしたWebリレー絵本、イメージムービーなどもご覧になれます。

IUCN日本委員会 IUCN(国際自然保護連合)は、1948年に設立された、国、政府機関、NGOからなる国際的な自然保護機関です。IUCN日本委員会は、IUCNの支部や地域事務所ではなく、IUCNに加盟する国内の団体の連絡協議のために自発的に集まった国内委員会です。

NPO法人エトピリカ基金 任意団体エトピリカ保護基金が2010年1月25日よりNPO法人エトピリカ基金として設立されました。エトピリカをはじめとする海鳥類の調査研究保護活動を進めるとともに、エトピリカ等に対する地域住民や北海道民の関心や理解を高め、行政や地域住民とのパートナーシップのもとに、環境の保全や、社会教育の推進に寄与することを目的としています。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力団体】

日本野鳥の会 日本野鳥の会は、野鳥や自然を愛する人々が集い「野鳥も人も地球のなかま」をかかげて活動する自然保護団体です。

野鳥と教育〜鳥を学ぼう〜 自然のバロメーターである野鳥の魅力を紹介したい、小学生や学校関係者に、身近な自然に興味を持ってもらいたい…そんな願いを込めて構成されているとってもためになるおすすめサイトです。

インターネット自然研究所 環境省作成の「インターネット自然研究所」は、野生生物のライブ映像からレッドデータブックから100種をピックアップして紹介する電子図鑑や環境省が選定した日本の重要湿地500ヵ所の紹介など膨大なデータベースが掲載されています。RDB図鑑「希少な生き物たち」分類別/鳥類のコーナーでエトピリカの情報がご覧になれます。

野鳥の窓 野鳥の写真や図鑑を取り扱っているホームページを収集・整理した野鳥の膨大なリンク集です。3067件の野鳥数、19979件のページ数、111件のサイトを収録しています。

日本海鳥グループ 海鳥に関するさまざまな情報を交換し、研究・保護活動に貢献することを目的とした日本海鳥グループのサイトです。海鳥コロニーデータベース作成やシンポジウムの開催など、海鳥保全のための実務に重点を置いた活動をしています。会報「うみすずめ」も発行しています。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力団体】

Yachoo!オンライン野鳥図鑑 350種類以上の野鳥、1400点以上の写真が掲載されている野鳥図鑑をはじめ、ゲームからポエム、小説、短歌・俳句等々満載のユニークな野鳥喫茶、野鳥用語集から関連法律など、野鳥のことがタップリ楽しめ、学べます。

WILDBIRD PARK 水辺と陸とに分類された鳥の素晴らしい写真データが満載です。

H.Hirazumi's Birding Page 日本の希少鳥類や重要な鳥類生息地、野鳥観察・調査研究など、学術的な情報から野鳥の鳴き声が聞けるページへのリンクや野鳥アイコン等々、豊富な情報量のサイトです。

ぶんぶく探検隊 日本全国生き物情報ステーション「ぶんぶく探検隊」は、管理人である隊長が旅の途中で出会った野生動物を紹介するサイトです。本物の野生動物に出会う瞬間の感動を伝えたいという思いで作成されています。

野鳥の杜 日本国内に生息する野鳥の数々を撮影したオリジナル写真で紹介するホームページです。オマケのコーナーには壁紙館やフリー画像館もあります。
ページ先頭に戻る
◆水族館・動物園サイト
葛西臨海水族館 JR京葉線「葛西臨海公園駅」下車、徒歩5分のところにある葛西臨海水族館の公式サイト。水族館内部の紹介からイベント情報まで、絶対行きたくなっちゃう情報が満載、エトピリカ情報も貴重なムービーなども公開しています。館内では飼育されている本物のエトピリカもご覧になれますよ。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力施設】

旭山動物園 旭川市東旭川町倉沼にある旭山動物園の公式サイトです。施設紹介はもちろん、イベント情報、そして「あにまるむーびー」では園内に設置されたライブカメラで撮影された動画も公開しています。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力施設】

釧路市動物園 釧路市阿寒町にある釧路市動物園の公式ホームページです。施設案内、飼育動物紹介、イベント情報などを公開しています。おまけページには壁紙や携帯待受用写真画像などもありますよ。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力施設】

アクアマリンふくしま ふくしま海洋科学館(アクアマリンふくしま)の公式サイトです。館内設備紹介からイベント情報など、見ているだけで海洋世界が楽しめます。「生き物紹介」コーナーではエトピリカの赤ちゃんや子育て中の貴重な動画がご覧になれます。本物のエトピリカも館の3階「北の海の海獣」コーナーで見られます。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力施設】

アクアワールド茨城県大洗水族館 茨城県東茨城郡大洗町にある大洗水族館の公式ホームページでは、水族館情報はもちろん、自然体験塾の募集やおもしろ飼育講座など、やさしく丁寧に学習できるコーナーなども公開しています。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力施設】
ページ先頭に戻る
◆霧多布湿原関連サイト
霧多布湿原トラスト 霧多布湿原は国内3番目の広さをもち、夏に見せる花の景観は、国内でも最大級といわれています。この湿原がもつ豊かさや価値を多くの人々に伝える活動をおこない、この湿原を未来の子どもたちへ残していくことを趣旨として設立されたのがNPO法人『霧多布湿原トラスト』です。現在、指定管理者として霧多布湿原センターを運営しています。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力団体】

霧多布湿原センター 1993年5月1日に、霧多布湿原を見下ろす高台にオープンした霧多布湿原センターは霧多布を楽しんで、そしてゆったりとした時間を過ごしていただくためのビジターセンターです。湿原の仕組みを解説する展示や湿原を楽しむための情報からおすすめの観光スポット、季節の花、スタッフおすすめの見どころをご案内しています。

霧多布湿原ファンクラブ 認定NPO法人霧多布湿原トラスト支援のボランティア活動として会員の獲得、寄付金の獲得、トラスト及び湿原のインフォメーションを中心の行っています。

霧多布湿原自然学校 日本有数の自然である霧多布湿原を基盤に道東全域を活動域として、次世代を担う子ども達が自分と自然との繋がり・関わりを知り感じることができ、自らの行動に反映できるようなプログラムを実施しています。
ページ先頭に戻る
◆エトピリカ紹介・掲載サイト
北海道バーチャル自然体験 北海道青少年教育施設における情報の共有・活用研究実行委員会が制作するこのサイトは、山・川・湖・木・動物・野鳥についてとても楽しく、わかりやすく紹介しています。「動物・野鳥」のコーナーでエトピリカが紹介されています。

さわやか自然百景 1998年4月に始まったNHK番組「さわやか自然百景」では、日本の各地の自然や風景、そこで生きる生き物たちの姿を、落ち着いたカメラワークと洗練されたナレーションで紹介する番組です。北海道・ユルリ島も紹介されました。

最後の楽園 北海道放送で2001年9月30日に放映された「最後の楽園」番組紹介ページではエトピリカの写真と説明がご覧になれます。

えとぴりか村から 民宿「えとぴりか村」を経営している片岡義廣さんが運営するサイトです。北海道・霧多布の小さな宿から、宿の紹介と海鳥エトピリカや周辺の湿原や岬の風景を紹介しています。「エトピリカ倶楽部」ではエトピリカの説明からご自身が描いたエトピリカの絵も公開しています。エトピリカ保護基金の案内もご覧ください。【Team ECO-PIRIKA(チーム・エコピリカ)協力サイト】
ページ先頭に戻る
◆エトピリカ掲載サイト(絵画・写真・立体作品など)
自然・鳥を描く*季節もよう* 画家・小林絵里子さんのサイトです。日本鳥類保護連盟会報誌「私たちの自然」、霧多布湿原トラストファンクラブ通信でもイラスト、エッセイなどをご担当され、毎年各地で個展も開かれています。「ギャラリー」でエトピリカの絵もご覧になれます。

PHOTO EXHIBITION カメラマン・後藤昌美氏の素晴らしい写真がご覧になれるサイトです。フリーカメラマンとして北海道の自然を中心に数多くの作品を公開されており、多数の写真集も刊行されています。動物コーナーでエトピリカの写真がご覧になれます。

らいおん丸の部屋 チョコエッグ・チョコQを使った作品紹介コーナー「チョコの中の動物たち・ギャラリー」内でエトピリカの作品が公開されています。楽しさの中にも、ここまでくると、もう素晴らしい作品としか言いようのない傑作揃いです。

動物じゃんぐる いろいろな動物の迫力ある写真が見られる動物写真図鑑サイトです。鳥の図鑑の中でエトピリカも紹介されています。「へなちょこ動物園」では動物イラストやゲーム・絵本もあり、「いきもの道具箱」ではフリー素材も公開されているとっても楽しめるサイトです。

森の中のギャラリーいちい館 北海道の風景を描いた版画(シルクスクリーン)、手作りのオリジナル木工品、Tシャツ等を展示、販売するサイトです。「HOKKAIDOアニメ図鑑」は北海道の自然に興味を持ってもらえれば、という思いを込めて北海道の動植物をアニメで紹介しているコーナーでエトピリカも紹介されています。
ページ先頭に戻る
◆エトピリカグッズショップなど
やまね工房 北海道網走市湖の口にあるとっても素敵で可愛いグッズがいっぱいのSHOPです。ぬいぐるみ作家・落合けいこさんのオリジナルのぬいぐるみがカテゴリー別に揃っており、「つばさを持った仲間たち」にエトピリカの可愛いぬいぐるみがあります。【営業時間】9:30〜16:30 (5〜10月は9:00〜17:30)【定休日】毎週水曜日(年末年始はお休み)。遠方の方は通信販売でご購入できます。

根室物産館「光風」 エトピリカをモチーフにしたグッズを販売している「光風」のおすすめは地ビール「エトピリカ」。ラベルにユニークなエトピリカがプリントされています。またエトピリカTシャツやキーホルダーも揃っています。通信販売も承っていますので、是非ご利用くださいね。

請望苑 エトピリカ商品を豊富に扱っている請望苑の公式サイトです。Tシャツやぬいぐるみ、タオルなどの布製品・写真立てやハンガーなどの木製品・バッジ・ストラップなどの小物…ショップにはエトピリカが数え切れないほど繁殖しています。お部屋をエトピリカのコロニーにしちゃいましょう!
ページ先頭に戻る
◆その他
やぎさん工房 (財)日本野鳥の会をメインとしてとっても可愛いオリジナル野鳥グッズを製作・販売している「やぎさん工房」です。その可愛らしさはピカいち!ブローチ、ストラップ、ピンズ、ペーパースタンドなど等、どれもみんな欲しくなっちゃう野鳥グッズ満載です。商品をモチーフにしたフリー素材も提供しています。エトピリカのブローチとペーパースタンドも製作されています。

ともだちMUSEUM オリジナルWeb絵本、複数絵本作家参加のリレー絵本から折り紙教室、Flashムービー、絵本を中心としたレビュー、ミニゲームなど子どもはもちろん、大人にもしっかり楽しめるサイトです。

大人の癒し絵本〜I will…紹介 踏み潰されても、むしりとられても、頑張って芽を出して成長しようとする植物をモチーフにした癒し系絵本「I will…」。大きな壁に突き当たって苦しんでいる人、それでも前向きに頑張って生きる全ての人に送りたい絵本です。
ページ先頭に戻る
★リンクについてのお願い★
このWebサイトはエトピリカをはじめとする海鳥保護・環境保護にご協力、ご賛同いただけるサイト様でしたら、是非ご自由にリンクをお張りください。そして1人でも多くの方にエトピリカ保護のためのご協力を呼びかけていただければと思います。リンクを張ってくださる場合はテキストリンク(「エトピリカのいる海〜SAVE ETOPIRIKA」)で結構ですが、バナーご入用の場合は下のボタンをお使いください。リンク先はトップページ http://www.ehhon.com/etopirika/index.html でお願い致します。
サイト紹介文(参考ですので変更していただいて結構です)
・エトピリカはアイヌ語でくちばし(etu)が美しい(pirika)という意味の海鳥です。主に北海道のユルリ島・モユルリ島に繁殖するエトピリカも環境の悪化に伴い、今や絶滅の危機に瀕しています。エトピリカを保護・誘引するために、そして環境保全のために私たちにできることから始めてみませんか?(140文字)
・エトピリカは主に北海道のユルリ島・モユルリ島に繁殖する海鳥です。環境の悪化に伴い、今や絶滅の危機に瀕しています。エトピリカを保護・誘引するために、そして環境保全のためにエトピリカという海鳥を知ってください。(103文字)
・環境の悪化に伴い、今や絶滅の危機に瀕している海鳥・エトピリカ。エトピリカ保護・誘引のため、そして環境保全について考えてください。(63文字)
※当サイトで使用しているエトピリカの写真、関連画像類につきましては、霧多布湿原トラストおよび関係各所に許可を得てのものですので、無断借用は厳禁です。
エトピリカのいる海バナー234×60 エトピリカのいる海バナー120×60
エトピリカのいる海バナー88×31a エトピリカのいる海バナー88×31b
エトピリカのいる海バナー88×31c エトピリカのいる海バナー88×31d
エトピリカのいる海バナー直径100 エトピリカのいる海バナー100×100
ページ先頭に戻る

トップページ エトピリカってどんな鳥? エトピリカのいる場所 エトピリカを守るために 海鳥の仲間たち 折り紙で折るエトピリカ コミック・えとぴりエース エトピリカギャラリー
チーム・エコピリカ エトピリカ基金 海鳥ミニゲームコーナー えとぴりかBBS リンク集
ETOPIRIKA〜エトピリカのいる海〜Copyright©SADAO MARUYAMA All Rights Reserved.