隠れた傑作絵本

 絵本はココロの栄養剤!絵本をたくさん読みましょう。

えこひいき絵本

絵本専門サイト「えっほん!」
 ■カテゴリー別
名作・ベストセラー絵本
しかけ絵本
知育・教育絵本
アニメ絵本
字のない絵本
 ■対象年齢別
赤ちゃん向け
幼児向け(1〜2歳)
幼児向け(3〜4歳)
幼児向け(4〜5歳)
幼児向け(5〜6歳)
小学生低学年向け
児童向け
大人向け
 ■テーマ別
いぬ
ねこ
くま
きつね
ねずみ
ぶた
恐竜・怪獣
乗り物
花・植物・木
星・月・太陽
クリスマス
 ■キャラクター別
アンパンマン
きかんしゃトーマス
ディズニー
ドラえもん
ポケモン
ミッフィー
 ■えっほん!広場
宝探しゲーム
 ■Information
このサイトについて
発掘えこひいき絵本紹介
■このコーナーでは管理人が独断でえこひいきするおすすめの1冊を不定期にピックアップしてご紹介します。もしかしたらあまり皆さんには知られていない絵本もあるかもしれませんが、「隠れた名作・傑作」絵本発掘を目標にご案内します。表紙画像もしくはタイトル名をクリックすれば、ご注文ページにジャンプします。

かいじゅうたちのいるところ/モーリス・センダック

 かいじゅうたちのいるところ 
 
かいじゅうたちのいるところ ●作/モーリス・センダック●訳/じんぐうてるお●冨山房刊●1,470円(税込)

※本のタイトル文字か表紙画像をクリックするとアマゾンのご購入ページにジャンプします。

 世界中で愛される記録的ベストセラー絵本が実写映画化!そう1964年にコールデコット賞を受賞したロングセラー絵本「かいじゅうたちのいるところ」である。表紙を見ると、何とも不思議な感じのする絵本である。ペン画タッチで描かれた、片肘をついて居眠りしている怪獣というか、着ぐるみを着ているような人間の足が見える、牛のような鬼のような奇妙な生き物。

 もしかすると絵のタッチが極めて独特ゆえ、その好き嫌いから、いわゆる「食べず嫌い」な人も多々いるのではないだろうか?かくいう筆者も、じつはそんな一人で、何か不思議の絵本と気になりつつ、この独特の絵のタッチに少々引き気味だったのである。

 読んでみると、実際のところやはり不思議なお話だった。主人公のマックスという男の子(少年というべきなのか、その割にはやや大人びた表情で、年齢推測不能である)が、おおかみの着ぐるみを着て部屋で騒いでいると、お母さんに怒られる。

 寝室に閉じ込められたマックス…ところが、その寝室がみるみる様変わりする。木が生えて森になり、部屋の壁は消えて、波が打ち寄せて船が現われ、マックスはその船に乗って航海に出る。1年と1日航海して、着いたところがかいじゅうたちのいるところだった。

 描かれたかいじゅうたちは、これまた不思議である。そもそも、かいじゅうの容姿の定義など各自それぞれで、また国によっても異なるのだろうが、この絵本に描かれたかいじゅうたちは、牙やツメを鋭いが、何かマンガチックでもある。日本で言うなら、かいじゅうというよりはむしろ妖怪に近い姿で描かれている。と言っても決しておどろおどろしいものではなく、何か愛嬌と哀愁すらある生き物に見える。

 マックスは、かいじゅうならしの魔法…というものを使って、一躍かいじゅたちの王様になってしまうのである。そして、歌ったり踊ったり遊んだり、かいじゅうたちのいるところで、マックスは王様として君臨するのだが、何故か寂しさを感じて元の場所に戻りたくなる。ここでの表現がまた独特である。…マックスは おうさまなのに さびしくなって、 やさしい だれかさんの ところへ かえりたくなった。もちろん、お母さんのところを指しているのだが、何かよそよそしい表現である。そして、来た時と同じように1年と1日航海をして、マックスはいつの間にか自分の寝室に戻っていた。そこにはまだほかほかと温かい夕ご飯がちゃんと置いてあったのである。

 マックスが1年と1日航海して辿り着いた「かいじゅうたちのいるところ」は、ほんのわずかの時間の夢だったのか、それはわからない。お母さんに怒られて、閉じ込められた部屋がみるみる様相を変えるあたりから、このお話は摩訶不思議な世界に突入する。読み終えてみると、「…?」、これが正直な最初の感想である。

 もちろん、この「?」はお話を分析しようとする浅はかな試みから生まれている。何を言わんとしているのか?何故、このような表現をするのか?…そうした分析は絵本には無用なのである。ページをめくるに従って展開される不思議な世界は、理屈抜きにそのまま受け入れ、その場面場面で素直に何かを感じればいいのだろう。

 繰り返すが、不思議な絵本である。でも、長く愛読され続けているロングセラー絵本なのである。これが、まさに絵本ならではの理屈や分析を一切拒絶する独特の醍醐味なのである。それゆえにこの絵本が映像化されるとなると、果たしてどのような世界になるのか?

 映画化は、原作者モーリス・センダックたっての希望により、『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』のスパイク・ジョーンズがメガホンを取ったとのことである。『マルコヴィッチの穴』をご覧になったことがある人なら、あの独特の何とも表現し難いユーモアというか、不思議さを感じたと思うが、むしろそれゆえに今回の映画化監督も漠然と納得してしまう面もある。

 映画は映画として、筆者も公開されたらどんなものか、興味を持って鑑賞しようとは思っているが、絵本は絵本として、その原作としての摩訶不思議な世界を堪能してもらいたいと思う。このコーナーの主旨である「隠れた名作・傑作」とは言い難いあまりにも有名な絵本だが、映画化もあり、あえてここでピックアップさせていただいた。

ハンドパペット マックス ハンドパペット バーナード ハンドパペット チッピー
■ハンドパペット マックス
●\2,800(税込)●Crocodile Creek●35.6 x 15.2 x 6.9cm
■ ハンドパペット バーナード
●\2,800(税込)●Crocodile Creek●約35.6 x 15.2 x 35.6cm
■ ハンドパペット チッピー
●\2,800(税込)●Crocodile Creek

トップページ発掘えこひいき絵本<7>かいじゅうたちのいるところ
 ■作家別
飯野和好
いもとようこ
いわさきちひろ
いわむらかずお
エリック・カール
かこさとし
木村裕一
五味太郎
谷川俊太郎
長 新太
林 明子
やなせたかし
葉 祥明
 ■出版社別
あかね書房
あすなろ書房
岩崎書店
岩波書店
絵本館
偕成社
金の星社
クレヨンハウス
講談社
こぐま社
小学館
大日本絵画
童心社
徳間書店
福音館書店
フレーベル館
ポプラ社
 ■インデックス
あ行/か行/さ行/た行/な行/は行/ま行/や行/ら行/わ行
 ■リンク集
出版社関連
絵本作家関連
全国絵本館・美術館
絵本関連サイト
▲ページ先頭に戻る
Copyright © 絵本紹介サイト「えっほん!」 All rights Reserved